営業マンならば、これだけは守れ!


by l3mxtn8d8v

カテゴリ:未分類( 65 )

 北海道教職員組合(北教組)による小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営への不正献金事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の罪に問われた北教組委員長代理の長田秀樹被告(50)に対し、札幌地裁(園原敏彦裁判長)は14日、禁固4月、執行猶予3年(求刑・禁固4年)の判決を言い渡した。団体としての北教組には求刑通り罰金50万円を命じた。

 長田被告は公判で起訴内容を認めて謝罪する一方、献金は北教組の裏金ではなく、緊急時に使う「対策費」から捻出(ねんしゅつ)したと説明。出金の具体的手続きなどは「知らない」などと供述していた。また北教組の6年間の会計帳簿の行方が分からなくなっていることについても「必要なものは(捜査当局に)提出している」と隠ぺいを否定していた。

 判決によると、長田被告は09年7月、小林陣営の元会計責任者、木村美智留被告(46)に選挙資金として現金400万円を渡した。木村被告はほかに北教組委員長(09年6月に死亡)からも3回にわたって計1200万円を受け取り、9日の札幌地裁で禁固6月、執行猶予3年(求刑・禁固6月)の判決を受けている。【久野華代】

【関連ニュース】
北教組不正献金:小林議員陣営元会計責任者に有罪判決
北教組不正献金:木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑
小林千代美衆院議員:議員辞職の意向 北教組事件で
北教組違法献金:元責任者に有罪−−札幌地裁判決
北教組違法献金:小林議員、14日に辞職表明

ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
「辞任タイミングはセーフ」小沢氏、再生に決意(読売新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
強風で野球用ネット倒れ、小4頭打ち死亡(読売新聞)
大相撲 木瀬親方、暴力団との過去の交際認める(毎日新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-06-15 15:26
 28日午後5時に予定していた沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関する鳩山首相の記者会見は延期され、午後7時に首相官邸で行う見通しとなった。

 首相の会見は、同日午後6時に開く基本政策閣僚委員会で与党党首級らが最終的に調整し、臨時閣議で政府の対処方針を決定した後に開かれる。

<高額療養費>開業医らの団体が患者の負担軽減求める要請書(毎日新聞)
日韓首脳、午後に会談=鳩山首相、哨戒艦犠牲兵を墓参(時事通信)
福島氏の理解得るよう努力=首相(時事通信)
相撲協会、2親方処分へ 暴力団幹部ら観戦問題(産経新聞)
「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕(産経新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-06-03 21:33
 24日午後9時15分ごろ、神奈川県藤沢市西俣野の路上で、「車が燃えている」と119番があった。同市消防本部が駆け付けたところ、個人タクシーの車両が燃え、約30分後に消し止められた。後部座席から男性とみられる遺体が見つかった。
 県警藤沢北署は、このタクシーの男性運転手(57)の可能性があるとみて身元確認を急ぐとともに、出火の経緯を調べている。
 タクシーが所属する横須賀市の個人タクシー協同組合によると、このタクシーの運転手は悩んでいる様子だったという。
 23日未明まで運転手から無線連絡があったが、その後は所在が分からなくなっていたという。 

口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
<国家公務員>改革全体像は先送り…採用4割減(毎日新聞)
首相、被害救済の特別立法に意欲=口蹄疫で政府報告と質疑―国会(時事通信)
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
<掘り出しニュース>キックのアマ日本王者山田さん、プロデビューへ 「目標は世界戦」(毎日新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-05-27 17:58
 埼玉県警捜査1課や大宮東署などの合同捜査班は18日、強姦致傷などの疑いで、さいたま市南区、専門学校生の少年(19)を逮捕、さいたま地検に送検したと発表した。さいたま地検は勾留期限を迎える同日、処分を決定する。

 合同捜査班では、これまでに少年がさいたま市見沼区を中心に、10〜30代の女性ばかりを狙った暴行や傷害事件を計34件繰り返していたことを確認。うち6件については立件しており、残る28件について裏付け捜査を急いでいる。

 合同捜査班によると、少年は「性的な欲求を満たすためだった」と供述しているという。

 少年は3月6日深夜、さいたま市見沼区で、帰宅途中の10代の女性に対し、暴行を加えた上、全治2週間のけがを負わせた疑いなどが持たれている。

 合同捜査班によると、少年は午後11時半〜午前1時にかけて、終電のバスを降りて帰宅途中の女性にいきなり襲いかかって空き地などの暗がりに連れ込んだ上、犯行に及んでいた。現場にはバイクで現れていたという。

【関連記事】
交通トラブルめぐり 車で引きずられ男性重傷
奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ
旭川地裁職員が強盗強姦の疑い 北海道警が逮捕
強姦容疑DNA一致、時効半年前に31歳を逮捕
男児の姉も虐待か 三重・鈴鹿の暴行事件
中国が優等生路線に?

沈黙続く党内 「小鳩枢軸」で民主、奇妙な安定感(産経新聞)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)
介護する側を守る法とシステムの確立を(医療介護CBニュース)
後発医薬品や新薬2製品が好調―明治HD(医療介護CBニュース)
<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-05-18 22:11
 佐賀県伊万里市に黒澤明記念館の建設を計画している黒澤明文化振興財団(黒澤久雄理事長)が約3億8000万円の寄付金の大半を使い果たした問題で、財団は現行計画を断念し、市中心部にあるサテライトスタジオを記念館に改装する考えを市に伝えた。塚部芳和市長が7日の記者会見で明らかにした。塚部市長は「あまりに短絡的。これまでの計画は何だったのか」と財団を批判した。

 市長によると、財団の提案は4月末に文書で届いた。「今日の経済情勢では、多額の寄付を集めて大規模な記念館を造ることは現実的ではない」と書かれていたという。

 市長は「資金のめどが立たないのだろう。一言で言えば『できません』ということではないか」と述べ、財団が当初計画をあきらめたとの認識を示した。市は17日にも市議会と協議し、6月末をめどに対応を判断する。

 記念館は市郊外の市有地約1万4000平方メートルに、故黒澤明監督のコンテ展示場や映画館などの複合施設を新設する計画だったが、集めた寄付金3億8000万円の大半が使い果たされるなどの問題が発覚。計画実現は絶望視されている。【上入来尚】

【関連ニュース】
伊賀市:20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し
なるほドリ:「黒澤財団」って何なの? /佐賀
ネットワーク:ステージ /東京
ロケーションナヴィゲーター伊賀:映画やテレビのロケ誘致 上野商議所が設立 /三重
黒澤明文化振興財団:寄付金問題 5月に理事会開催へ 「後任人選急ぐ」 /佐賀

アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
「最低でも県外」党の考えではない…首相(読売新聞)
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)
<国連報告書>脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割(毎日新聞)
覆面パトカーにはねられ小1男児が重傷 兵庫・伊丹(産経新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-05-11 15:27
 新党改革の舛添要一代表は23日深夜のTBSテレビ番組で、今後の党のあり方として「発射するロケットをしっかり積まなければいけない」と述べた。その上で今回、改革クラブの議員らと新党を作ったことについて「発射台があればいい。発射台になってくださるというありがたい方が党派を超えていた」と発言した。

 舛添氏は自身を「ロケット」、他の5議員を「発射台」と表現したのだが、同氏にとっては今回の新党が「舛添党」を発展させるための足がかりで、残りの5議員はそのための“踏み台”であるとの本音を吐露した表現ともいえそうだ。

【関連記事】
舛添要一「新党改革」代表 「新しい政治つくる」再編の目になるか
荒井幹事長「小異を捨てて大同につく」 新党会見で決意
舛添氏「参院で発言力を持てる数字目指す」
矢野氏「舛添代表を頂点に、元気な日本を取り戻す」
舛添氏「夢と希望あふれる日本を作る」

<無賃乗車>JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す(毎日新聞)
女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)
県民大会に出席表明へ=普天間、県内移設反対−仲井真沖縄知事(時事通信)
ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-04-24 12:44
 北海道小樽市立小樽文学館は21日、「蟹工船」で知られるプロレタリア作家の小林多喜二(1903〜1933年)が、小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)在学中の18歳の時に執筆した短編小説「スキー」を確認したと発表した。

 発表によると、この作品は1921年(大正10年)10月30日の「国民新聞」に掲載された短編小説。日露戦争で負傷し腰を痛めた体操教師が、生徒たちにスキーを習うがうまくいかずに笑われるというストーリーだ。

 政治思想史を専攻する岡山大大学院生の木戸健太郎さんが、研究で国民新聞を調べていて、多喜二の名前の作品を見つけた。連絡を受けた同館が、専門家に調査を依頼した結果、全集未収録作品で、ほとんど知られていないものとわかった。

 同館は、この作品の全文を「市立小樽文学館報」に掲載して公開する。

 日本近代文学に詳しい神谷忠孝・北大名誉教授は「多喜二の初期の作品で、貴重な発見といえる。多喜二の作品では『老いた体操教師』が最近発見されたが、この『スキー』が原型になったのではないか。非常に興味深い」と話している。

<大阪弁護士会>高校生にも法教育 府内270校で出前授業(毎日新聞)
<訃報>中根良平さん88歳=仁科記念財団常務理事(毎日新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)
平等院鳳凰堂 CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-04-21 19:32
 奈良市の春日大社の境内で3月、ボウガンの矢が刺さった、妊娠中の雌の鹿が死んだ事件で、奈良県警生活環境課などは13日午前、鹿を矢で撃ったとして、文化財保護法違反(天然記念物き損)容疑で、津市芸濃(げいのう)町椋本(むくもと)、ラーメン店経営稲垣銀次郎容疑者(39)を逮捕、自宅兼店舗を家宅捜索した。

 稲垣容疑者は容疑を認めている。稲垣容疑者は周囲に、「店が借金で立ちゆかなくなった。鹿の肉を売って金もうけしようと思った」と話しているという

 捜査関係者によると、稲垣容疑者は3月12日夜〜13日未明、春日大社の表参道で、鹿に向けてボウガンの矢(長さ約50センチ、直径約7ミリ)を撃った疑い。

 稲垣容疑者が別の鹿を解体している様子を撮った写真をメールで送信していたほか、境内でほかに3本の矢が見つかったことなどから、県警は、ほかの鹿も撃っていた可能性があるとみて追及する。

地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
無料であらゆるムービーファイルを一発でまとめてH.264形式に変換できる「DivX Plus Converter」の使い方
銃の音を聞き分ける小さなちいさなちぃさなセンサー
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…(産経新聞)
スピード違反取締中の警察官がはねられ重傷 京都(産経新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-04-19 22:11
 自民党無駄撲滅プロジェクトチーム(PT、河野太郎座長)は5日、平成22年度予算の「事業仕分け」を党本部で始めた。鳩山政権の目玉政策である子ども手当や高速道路無料化、農家戸別所得補償制度などを対象に行い、いずれも「財源や検証方法が不透明」などの理由で「不要」との結論を出した。

 PTでは党所属国会議員ら約10人が判定者となり、関係各省の担当者から説明を聴取。子ども手当では、党側が「役人として良心の呵責(かしゃく)はないのか」と詰め寄る場面もあった。

 政府は今月23日から、独立行政法人などを対象とした事業仕分け第2弾を行う。河野氏らは党のPTが事業仕分けの「元祖」であることを強調するとともに、鳩山政権の目玉政策に切り込むことで、対抗する狙いがある。6日も行う。

【関連記事】
谷垣総裁、河野氏ら起用で批判かわせるか
「平沼・与謝野新党」邦夫氏参加見送りへ
自民がネクスト・ジャパン新設 中堅・若手を起用
自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」 固定タグ name
url

「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
山崎さん、物資搬送続ける=野口さんと共同作業(時事通信)
「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売
安住氏、息子を父と呼び間違えちゃった 進次郎氏を「小泉純一郎君!」(スポーツ報知)
新婚旅行資金30万奪われる(スポーツ報知)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-04-12 22:21
 全国でも珍しい知的障害者の和太鼓プロ集団「瑞宝太鼓」(長崎県雲仙市)が、結成10年目を迎えた。約6年前から少年院などでの慰問公演を続け、更生を誓う感想が多く寄せられている。メンバーは「もっとみんなの前でたたきたい」と意欲を燃やしているが、ボランティア公演を本格化させるには資金が必要だ。引きこもりや虐待などに悩む子供たちに向けての公演も開きたいと、各地の公演で募金を呼び掛けている。

 瑞宝太鼓は87年、社会福祉法人「南高愛隣会」(同市)の職業訓練施設を利用する知的障害者のクラブ活動として始まり、01年にプロ活動に転向。現メンバーは20〜35歳の男性6人で、公演活動などによる収入で月給をもらい、グループホームなどで暮らしている。

 全国公演はこれまで1000回近くに上る。総観客動員数は約34万人。少年院や刑務所などの矯正施設への慰問は03年12月から約6年間で55カ所に上り、メンバーの元には多くの感想が届いた。

 「心の歌を聴き、自分自身の心の弱さを恥じた」。17歳の少年は感想にそう記した。さらに「自分の存在を認めてほしいと思い、人と群れ、心を見失い、非行をした」と振り返り「僕は僕らしく、前を向いて胸を張って本気で生きていきたい」と更生を誓っている。同じクラスの障害児をいじめた経験を告白した19歳の少年は「心の中の汚い部分を太鼓の音が飛ばしてくれた」とつづった。

 これまでは一般公演先の最寄りの少年院を訪れていた。だが、慰問先が限られているため、評判を聞いた少年院からの依頼を断ることもあったという。そのため、一般公演先で慰問公演のための募金を始めた。

 2月22日、東京都世田谷区の北沢タウンホールであった東京公演。長年、瑞宝太鼓を支援する都内のNPO法人「生きる意味研究所」の主催で、メンバーの豊かな表情と一糸乱れぬバチさばきに、満席の会場は大きな拍手で包まれた。

 公演後、会場出口では団長の岩本友広さん(33)らが募金を呼び掛けた。「僕らは字を書くことや計算が得意ではないけれど、太鼓が大好き。そんな姿を見てほしい」と岩本さんは話した。

 公演予定や募金などの問い合わせは、瑞宝太鼓事務局(電話0957・77・3934)。【松本光央】

【関連ニュース】
重度障害者:脳波で意思表示 産総研が開発
障害者雇用:法定雇用率を大幅に下回った7社を公表
坂田賞:毎日新聞の点字報道に
点字ブロック:発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

普天間政府案、外相「抑止力維持の検討必要」(読売新聞)
<偽装献金>ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇(毎日新聞)
スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)
「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)
政治とカネの問題で公明・山口氏「首相が率先垂範しないとますます支持率下がる」(産経新聞)
[PR]
by l3mxtn8d8v | 2010-04-07 22:36